「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回は 生産ユニット 兼 製造業の未来を創るユニット の
中村が担当させて頂きます。

会社には、その会社なりの「文化」があります。
考え方であったり、ちょっとした言い回しだったり。

製造業では、自社製品の製造に必要な部材の調達先を、
「外注業者」
「下請業者」
などと言ったりします。

ネミーでは、そのように言いません。

「協力会社様」

と言っています。

生き馬の目を抜く「交渉相手」ではなく、
「同じ方向をむいて、一緒に仕事をしてくれる仲間」
という意味を込めて、そうお呼びしています。

****

私は、今でこそ「執行役員」なる立場におりますが、
ネミー入社時の私は、右も左も分かりませんでした。

大学卒業後、少しアルバイトをしていましたが、
その後、「家の近所にあった」という理由で、
ネミーに入社して資材調達の仕事をはじめました。

とはいえ、何の経験も無かった私は、
資材を提供してくれる協力会社様には、
さんざん迷惑のかけどおしでした。
ときには、「おたくとは仕事ができない」と言わせてしまったことも。

私には、
「助けてください!」「一緒にお願いします!」
と腹を割って真摯にお願いをし続けることしか
できませんでした。

そんな中、
東日本大震災直後、
ある協力会社様に資材を発注したときのこと。
そのときは、前日に発注をして、
翌朝10時に納品というスケジュールでした。

ところが、その夜に大きな余震が起こったのです。

夜も遅くに、協力会社様から電話がきて、
早めに作業を開始してなんとか間に合わせるよう努力するが、
どうしても納品を12時までに延ばしたいとのこと。

無理ない時間で準備をしてくださいと返答しました。

本来であれば「地震があったので当然後ろ倒しになります」
という連絡もあり得たでしょう。
ネミーの先にいるお客様に物を届けるため、
どうすれば良いかを協力会社様なりに考えてくれたんだなと、
大変嬉しかったことを覚えています。

腹を割って話すことで、信頼して協力していただけたのだと思います。
もちろん、その信頼に対しては全力で応えるようにしています。

どのような形であっても、
上下関係ではなく協力しあう関係で、
仕事を進めていく。

その気持ちの表れとしての「協力会社」です。

このメルマガをご覧の皆様とも、
様々な形で「協力」していけたらなと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

過去の記事一覧
  • access_time2021/06/03

    有限会社ソウエイ様と事業譲渡契約を締結いたしました。

  • access_time2021/04/12

    会社合併のお知らせ

  • access_time2021/04/02

    関西オフィス移転のお知らせ

  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/25

    「人と空間が生きる音デザイン」と11次元の果てに