「かぼちゃの馬車に乗車拒否されたシンデレラ」【ネミーマガジン第112号】

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回は生産部の山本が担当させて頂きます。

*****編集担当より*****
今回より、「私のしくじり、失敗体験」をテーマに
お送りする予定です。
今回はその第1回目です。
**********************

最近、年のせいか疲れるとすぐに眠くなってしまいます。
しかも、私はどこでも寝られる特技を持っています。
(逆に、どこでもスッと寝てしまうのです)

そんな私は、当社御殿場工場のメンバーから、

「シンデレラ」

と呼ばれています。

別に、工場長や上司などからいじめられているわけではありません。
ボロい服ではなく清潔な作業着を着ております。

シンデレラの理由は、
「飲み会で12時前にいったん寝るから」
です。

我が御殿場工場のメンバーはとても元気で、
飲み会は一次会、二次会と続き、
翌日まで飲み明かすことが多々あります。

そのため、私はいったん一次会で寝て活力をためて、
二次会から朝まで頑張るのです。

昨年の忘年会のこと。

私はいつものとおり一次会で爆睡。
ひととおり寝てもまだ眠く、
これはさすがに帰ろうと思い、
メンバーに別れを告げて店を出ました。

……とここまでで私の忘年会の日の記憶は途切れているのです。
ここから先は、後日聞いた話になります。

一次会の店を出て、
私はおそらくタクシーを呼び止めたようです。
しかし、寝ぼけ眼の私を見て乗車拒否をされ、
私は真冬の御殿場に一人残されました。

なんで乗車拒否されるの?とお思いでしょうか。
実は、我が町御殿場のような風光明媚な土地では、
運転手によるタクシー乗車拒否は珍しくありません。

「酔っぱらってるから」
「あっちは雨がすごいから」
「雪がすごく積もってるから」
「今日の占いで方角が悪いって言ってたから」
※最後のはさすがに違います

あわれ乗車拒否に遭った私は、なんとその場で爆睡。
目の前の店では工場の仲間が飲んで盛り上がっている中、
真冬の風に吹かれて命の灯が消えようとするそのとき!

偶然出てきた近くのお店の店員さんに助けられ、
事なきをえました。

みなさま、睡眠は大事ですが、
時と場所には十分お気を付けください。

かぼちゃの馬車に乗車拒否をされたシンデレラからの
心からの謹言です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

過去の記事一覧
  • access_time2021/10/18

    ブログ引っ越しのご案内

  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/16

    「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

  • access_time2020/11/02

    「ホイコーローとホルモン炒めと提案営業」【ネミーマガジン第125号】

  • access_time2020/10/15

    「『コミュニケーション能力』とは?」【ネミーマガジン第124号】