「大声健康法」で医者いらず【ネミーマガジン第92号】

いつもネミーマガジンをご覧頂きありがとうございます。
今回は技術部の小西が担当させていただきます。

唐突ですが、皆さんは日頃大声を出す機会がありますか?

「大声健康法」というものがあります。
次のような効果があるそうです。

・ストレスを発散し心がスッキリする
・血行が良くなり体が温まり免疫が向上する
・脳全体が活性化される
・横隔膜の上下運動によって胃や腸、更には肝臓などの内臓にマッサージ効果が起こる
・肩こりや腰痛を和らげる
・ホルモンバランスが良くなる
等々……

私自身、仕事柄デスクワークばかりで大声を出す機会が全くありませんでした。

しかし、知人の勧めで、
激しい応援で有名な某在阪球団(アンチの方も居られるので名前は伏せます)の
試合を観戦したのをきっかけに応援で声を出す楽しさを覚えました。
そのおかげでファンクラブに入会し今年で5年目です。

最初は単にストレス解消としか考えておりませんでしたが、
上記の健康法があるのを知り、考えてみれば、
ここ数年、風邪などの病気で会社を休むことが
全くないことに気が付きました。

球団の勝敗によっては若干のストレスが溜まるものの
声を枯らすほど大声を出すと、どこかスッキリした気分になるのは、
気のせいではないようです。
これからも観戦できる試合には極力出向き、
大声を出し続けたいと思います。

皆さんも独自の健康法をお持ちかもしれませんが、
スポーツ観戦や古臭いドラマのように海岸で叫んでみるなど、
たまにはどこかで大声を出して、ストレス発散してみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今後ともネミーをよろしくお願いいたします。

過去の記事一覧
  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/16

    「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

  • access_time2020/11/02

    「ホイコーローとホルモン炒めと提案営業」【ネミーマガジン第125号】

  • access_time2020/10/15

    「『コミュニケーション能力』とは?」【ネミーマガジン第124号】

  • access_time2020/10/01

    「部活のキャプテンがいきなり辞めた理由」【ネミーマガジン第123号】