『叱る』と『怒る』 【ネミーマガジン第63号】

皆様、こんにちは。
いつもネミーマガジンをお読みいただきありがとうございます。
今回はSmart Energy事業部の橋本が担当します。

『叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である。』
という言葉についてお話しします。

大事なのは『叱ってくれる人』です。
『怒ってくれる人』ではありません。

『叱る』と『怒る』

実に似た言葉ですが、
「叱るは相手のため」「怒るは自分のため」
と言えばわかりやすいでしょうか?

要するに『怒る』とういうのは、
相手が自分に悪い影響を与えた時に、
自分が腹をたてたことを相手にぶつけることで、

一方『叱る』というのは、
相手をより良くしようとして、あえて声を荒げたり
言葉を強めたりする注意やアドバイスのことです。

私自身、ある人からこんな言葉を言われたことがあります。

『会社というのは何年勤めたじゃなく、
  何人に出会えたかが大事なんだぞ!』と。。。

この言葉に、私はかなり響きました。

自分の事を本気で叱ってくれたり、褒めてくれたり、
時には一緒になって喜んでくれたり、悲しんでくれたりする。

そういう上司や同僚、お客様に沢山出会えれば、
当然、人間的にも成長できるはずです。

逆に、いくら長年勤めていても、そのような刺激がなければ、
当然、人間的な変化や成長も少ないと思います。

事なかれ主義の毎日ではなく、
本気で自分に向き合ってくれる人と接していると、
自然に自分も成長するはずです。

幸い、私の周りには社内もお客様も
本気で向き合ってくれる人がたくさんいます。

皆様もそのような人と出会うために、
毎日を大切に行動すると幸せも多く感じると思います。

自分を成長させて、会社も成長していくために、
毎日ベストを尽くして業務に取り組んでいきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
引き続き宜しくお願い致します。

過去の記事一覧
  • access_time2021/10/18

    ブログ引っ越しのご案内

  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/16

    「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

  • access_time2020/11/02

    「ホイコーローとホルモン炒めと提案営業」【ネミーマガジン第125号】

  • access_time2020/10/15

    「『コミュニケーション能力』とは?」【ネミーマガジン第124号】