『道しるべ』【ネミーマガジン第45号】

こんにちは。
今回は技術部の岡村が担当させていただきます。

突然ですが、みなさんにとって、
ホッとする『道しるべ』はありますか?

東京出身の私にとって、海外や地方から帰って来た時、
電車の窓から東京タワーや渋谷の雑踏を見て、
「帰ってきたなぁ~」とホッとします。

私は趣味で10年以上スキューバダイビングを続けており、
いつも伊豆の同じポイントで潜っています。

ホッとする道しるべは海の中にもあります。

ダイビングは潜行した所から浮上しなければならないので、
ちゃんと元の場所に戻って来なければなりません。

インストラクターと一緒とはいえ、帰り際には自分の体調や
ボンベの空気の残量など、たまに不安になる事があります。

そこで海の中にもホッとできる道しるべが欲しくなるのです。

海の中で道しるべを探すのはとても難しいものです。
陸とは違って、海は水深や流れや季節によって、
その都度違った景色になってしまうからです。

そんな中、私はびっしり緑の海藻がついてる岩、
通称 ”緑岩” なるものを、いつも道しるべとしていました。

毎回同じコースを通るわけではないのですが、
この緑岩を見ると無事に帰って来たという安心感があります。
(浮上して陸に上がるまでは気を抜けませんが。。。)

以前、大きな台風が通過した時の事です。
大きな岩が崩れ、海の中の様子が一変した時がありました。
それは自然の驚異を感じた瞬間でした。

今まで道しるべとしていた緑岩の海藻は全て落ちて
剥げてしまっていました。

私は何か大事なものを失った気持ちになり、
とても不安になったのを覚えています。

新年度を迎えて新たな地で生活を始められ、
少し不安になった方もいると思います。

そんな時は新天地での『道しるべ』を見つけては
どうでしょうか?

仕事帰りにホッとできる道しるべがあることで、
気持ちを切り替える事ができると思いますよ!

最後までお読みくださりありがとうございます。
今後ともネミーをよろしくお願い致します。

過去の記事一覧
  • access_time2021/03/15

    「仕事に生かせた、空手の経験」【ネミーマガジン第133号】

  • access_time2021/02/15

    「セミリタイアからまたビジネスの世界に」【ネミーマガジン第131号】

  • access_time2021/02/01

    「おしるこの中に入れる一つまみの塩」【ネミーマガジン第130号】

  • access_time2021/01/07

    「ホストになれなかった私」【ネミーマガジン第129号】

  • access_time2020/12/15

    「職員室で机をひっくり返した私ですが・・・」【ネミーマガジン第128号】