そのだるさ、冷房病かもしれません【ネミーマガジン第73号】

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回はSmartEnergy事業部の堤が担当させていただきます。

6月に入りムシムシと寝苦しい夜が続いておりますが、
みなさま如何お過ごしでしょうか?

こんな暑い日でも冷房を強めれば、一気に快適な気温が保てます。

その一方で、当寒すぎるくらいの室内と暑い屋外との温度差が
当たり前のような日常生活が続くと「冷房病」になる危険性も!

そんな危険性を回避する為の【3つのポイント】

1.冷房の風を体に直接当てない!

2.日頃から良く歩く! 
  目的地の一駅前で降り足の血流を改善し、冷えにくくしましょう。

3.冷房は一晩中つけない!

簡単な事ですが、これだけで冷房負けをしない夏を過ごすことができます。

熱中症も危険な病気ですが、
実は冷房病も仕事のパフォーマンスを落としてしまう病気です。

私もこの夏、暑さに負けない営業として元気に日々頑張っていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

過去の記事一覧
  • access_time2021/03/15

    「仕事に生かせた、空手の経験」【ネミーマガジン第133号】

  • access_time2021/02/15

    「セミリタイアからまたビジネスの世界に」【ネミーマガジン第131号】

  • access_time2021/02/01

    「おしるこの中に入れる一つまみの塩」【ネミーマガジン第130号】

  • access_time2021/01/07

    「ホストになれなかった私」【ネミーマガジン第129号】

  • access_time2020/12/15

    「職員室で机をひっくり返した私ですが・・・」【ネミーマガジン第128号】