忘れるもんか!【ネミーマガジン第72号】

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回は御殿場工場の大野が担当させていただきます。

生産部と生産技術部を掛け持ち、中国の昆辰工場に
出張するようになって、あっという間に1年が過ぎました。

寝泊りは工場の敷地内の寮、食事は敷地内の食堂、
仕事場所はもちろん昆辰工場です。

寮での生活には不自由なく、部屋にはシャワー、洋式トイレ、
エアコン完備、さらにはWi‐Fiもあります。

食堂には専属のコックさんがいて、辛いものが苦手な
私のためにメニューをたくさん考えてくれます。

それだけでなく、コックさんの料理はそんじょそこらの
お店よりも断然おいしいです。
これ、本当です!

そして、何よりも工場で働いている人たちの「笑顔と思いやり」

私は中国語は全く喋れませんが、それでも構わないという
優しさが昆辰工場の人たちにはあります。
(しかし、あくまでプライベートの話。仕事は厳しくいきます。)

話は変わりますが、工場の入り口には貯水池があり、
なんとここに巨大魚(ヌシ)がいるらしい・・・との噂が!

休日を返上し、私と同僚はヌシを釣り上げるために挑みました。
闘いましたよ! 手作り感満載の竹竿で。

場所を変え、餌を変え。。。 
暑いんです、暑いのよ中国は。。。

お互い場所を移動し最後の一投!
竿のしなりはハンパなし! もう、もうパニックですよ。

竿は悲鳴をあげ、糸はもつのか? 針はもつのか? 
しかし網は無し。

結局、針がもたず逃がしてしまいました。
水面までは引き上げ、姿は確認できました。
50cm以上はあったかな?

その後、日本に戻ってから
「王さんが釣り上げたよ」と報告を受けました。

この話を信じるか信じないかは、あなた次第です!

これからも少しずつ中国での仕事(休日の過ごし方)の様子を
伝えていこうと思います。

過去の記事一覧
  • access_time2021/03/15

    「仕事に生かせた、空手の経験」【ネミーマガジン第133号】

  • access_time2021/02/15

    「セミリタイアからまたビジネスの世界に」【ネミーマガジン第131号】

  • access_time2021/02/01

    「おしるこの中に入れる一つまみの塩」【ネミーマガジン第130号】

  • access_time2021/01/07

    「ホストになれなかった私」【ネミーマガジン第129号】

  • access_time2020/12/15

    「職員室で机をひっくり返した私ですが・・・」【ネミーマガジン第128号】