朝礼で“エンジン”を入れて、良いプレーのイメージを描く 【ネミーマガジン第2号】

みなさま、こんにちは。
社会人2年めネミー㈱社員、「なでしこ」を目標にしていたサッカー女子の伊木(イキ)です。

創刊号では、温かいメールをくださった方もあり、感激いたしました。
ありがとうございます。

創刊号はコチラ  ⇒ 「なでしこ」を夢見たサッカー女子、熱血社長のもとで「一番」をめざす!

               ※新入社員の最初のハードル 社外合宿研修についてのご紹介

今日は、さわやかに朝のネミーの景色「朝礼」をご紹介します。

ネミーグループの朝礼は、全国7か所の拠点を繋ぎ、
テレビ会議システムを使って行います。
私は支店勤務なので、毎朝それぞれの拠点の方と
挨拶できることが嬉しいです。

役員のスピーチや売上発表で、スイッチをONにして、
社員のスピーチを聞いて
「今日もみんなで頑張ろう!」となるのが、
毎日の私のモチベーションの保ち方となっています。

「本日も一日よろしくお願いいたします」

朝礼を締める一言は、試合前のチームの“エンジン”のように私は感じています。
エンジンとは、今から始まる試合を全力で闘いきるための儀式のようなものです。
よくチームスポーツでは円になって行っています。

スポーツ心理学に学び、上を向き、
気持ちを落ちつかせ、良いプレーのイメージを描く。

そんなことを大学時代チームのエンジンで取り入れていました。
エンジンには大きな声を出し気持ちを高ぶらせる。
そんなチームもあります。

会社も組織として毎日闘っていますので、
朝礼の締めの一言、
「よろしくお願いいたします!」
その日もチームのベストが尽くせそうな気分になります。

スポーツの世界にも、
ビジネスと置き換えて考えられることはまだまだあります。
当社は社長がスピードスケートの選手でしたので、
その傾向が強いと思います。

社長の根上は、特に冬季スポーツに思い入れは強く、
2018年平昌冬季オリンピックを目指すスノーボード選手、
日本人男子でランキング1位の斯波正樹さんを
全社あげて応援しています。

昨シーズン、北海道旭川の大会へ有志で応援に出掛けました。
その斯波選手のご紹介方々
彼の思いを伝えることができたら、と思います。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  斯波正樹 『よりよい成果を求めるならば “当事者意識”の心で進もう』

皆さま、はじめましてこんにちは!

山形県蔵王温泉出身、スノーボードアルペン全日本強化指定の斯波正樹(しば まさき)です。

現在、日本代表メンバーとして世界で一番大きな大会であるワールドカップを中心に
ヨーロッパの大会を転戦しています。
目標は、2018年韓国オリンピックで優勝をすることです。

僕が最近思っていることを、
先日、ネミーの朝礼でシェアしました。

それは、自分が関わっている状況に対し
「当事者意識を持っているかどうか」ということです。

僕はスポーツの世界で、世界を相手に戦っています。
世界のトップ選手を見ると、環境、用具、スタッフ等に対し
文句を言っている人は見たことがありません。
もちろん改善のために、熱い議論はたくさんあります。

単に人のせい、又は無関心だったりする選手は
到底レベルを高められないまま、終わってしまいます。

僕自身が実践していることでもありますが、スポーツの世界では、
(1) 現状の身体(の悪い部分)を一旦壊し、更に強い身体を作ることがあります。
(2) 現状の環境を一旦壊し、新しく更に良い環境を作ることがあります。
(3) 現状の用具を一旦見直し、より良い用具に変えたり、新たに作ったりすることがあります。

これらは、他人事であったり、人のせいにしていたら出来ないことです。
当事者意識=つまり全て自分事で考えるからより良いものを創り上げていけるのです。

ビジネスの世界でも同じだと思います。
・ 今の現状を壊す
   そしてより良い物を創り上げる。

・ とにかく今ある問題点の解決方法を具体的に見つけ、
より良くしていく

僕はスポーツの世界で身につけた「心」を
ネミーマガジンを読んでくださる皆さまとも共有し、
自分も含め一人ひとりが心豊かで、
心健やかな人生を歩んでいけたらと思っております。

「当事者意識」を持ち、その時々のベストを尽くして、
共に前へ進んでいきましょう!!

過去の記事一覧
  • access_time2021/03/15

    「仕事に生かせた、空手の経験」【ネミーマガジン第133号】

  • access_time2021/02/15

    「セミリタイアからまたビジネスの世界に」【ネミーマガジン第131号】

  • access_time2021/02/01

    「おしるこの中に入れる一つまみの塩」【ネミーマガジン第130号】

  • access_time2021/01/07

    「ホストになれなかった私」【ネミーマガジン第129号】

  • access_time2020/12/15

    「職員室で机をひっくり返した私ですが・・・」【ネミーマガジン第128号】