霜柱の癒し【ネミーマガジン第65号】

皆様こんにちは

いつもネミーマガジンを
お読み頂きありがとうございます。
今回は技術部の内野が担当いたします。

唐突ですが、霜柱を踏んでいますか?

私は見かけたら積極的に踏みます。
恥も外聞もありません。

あのザクザクとした感触が足裏に心地良く、
また野山を走り回っていた幼少期の思い出に
浸ることもできて楽しいです。

自宅から最寄り駅までの道のりに
お気に入りの霜柱ポイントがあって、
この季節は毎朝の楽しみにしています。

子供から大人になって、オジさんになっても
変わらない喜びは大切にしたいです。

まだまだ寒さ厳しい上に年度末で忙しいこの時期、
皆様も霜柱と一緒に「心の闇」を踏み砕いてみては
いかがでしょうか?

ちなみに踏んだあとに軽くほぐしておくと
翌朝の成形に役立ちます。

なお、ご近所の子供たちのために
少しは残しておいてあげてくださいね。

過去の記事一覧
  • access_time2021/03/15

    「仕事に生かせた、空手の経験」【ネミーマガジン第133号】

  • access_time2021/02/15

    「セミリタイアからまたビジネスの世界に」【ネミーマガジン第131号】

  • access_time2021/02/01

    「おしるこの中に入れる一つまみの塩」【ネミーマガジン第130号】

  • access_time2021/01/07

    「ホストになれなかった私」【ネミーマガジン第129号】

  • access_time2020/12/15

    「職員室で机をひっくり返した私ですが・・・」【ネミーマガジン第128号】