「女子大生アパート 秘密の浴室。~後編~」【ネミーマガジン第109号】

いつもネミーマガジンをご覧いただきありがとうございます。
今回は、前回に引き続き管理部の小林が担当させていただきます。

(前回のあらすじ)
社会人でありながら、女子大生(専用)アパートに住み続け、
異常なまでに滑る床となった浴室で足を滑らせて転んでしまった。
リフォームを見込んで、大家へ修繕依頼したところ……。

前回の記事全文はこちら

私の住むアパートの質素さは度を越えており、
さすがに今回はリフォームなどの抜本的な対応をしてくれるかと
期待して、大家に修繕依頼をしました。

それに対する大家さんの答えは、

『 お風呂マット 』

!!!!

ピンクの『 お風呂マット 』で手を打ってきたのです。

大家さんは昭和初期生まれの80代。
「贅沢は敵だ」世代の大家さんならではの発想です。

「リフォーム工事はしてくれないのか……」と
しぶしぶ受け取った『お風呂マット』

しかし、転倒防止効果・床の致命的欠陥を覆い隠す、
「究極の一時しのぎ」としては効果絶大だったことに
気付かされました。

実際に使ってみると、
可愛いピンクで汚れに強く、水はけも申し分ありません。
小さく折り畳んで収納も可能。

私はこの『お風呂マット』に、日本のおもてなしの心を感じました。

まるでアリ地獄のようだった浴室が、

なんということでしょう!

女子大生も恋するバスル-ムに大変身。
願いを叶えるピンクのアイランド(お風呂マット)が出現しました。
(あの番組のサザエさんのナレーションで脳内再生をぜひお願いします)

ものづくりの精神は、このようなものにもしっかり生かされていると
実感した次第です。
大家さんからいただいた、ジャパンプライド『お風呂マット』は、
私を守るため、今日も活躍しています。

2020年。
ものづくりのジャパンプライドを再興し、
製造業を盛り上げようと、
ネミーも新たな挑戦をいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

過去の記事一覧
  • access_time2021/10/18

    ブログ引っ越しのご案内

  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/16

    「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

  • access_time2020/11/02

    「ホイコーローとホルモン炒めと提案営業」【ネミーマガジン第125号】

  • access_time2020/10/15

    「『コミュニケーション能力』とは?」【ネミーマガジン第124号】