【連載】社長の根上が語る「丸紅社との業務提携」までの秘話ストーリー【ネミーマガジン第26号】

こんにちは!
ネミーマガジン担当、関西勤務の小池 千春(こいけ ちはる)です。
いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

社長対談インタビュー連載第2弾、テーマは「丸紅社との業務提携その3」です。

バックナンバー【ネミーマガジン第20号】
バックナンバー【ネミーマガジン第22号】

“地産地消”をキーワードにその先駆者になろうと意気投合し、
業務提携を結ぶこととなった丸紅社と当社。

小池「業務提携を結ぶということは、
   一緒に仕事をするPV事業メンバーにとって一大事です。
   当社のメンバーに業務提携を伝えたときの反応はどうでしたか?」

根上「どうやって一緒に働くの?お客さんとの接し方は変わるの?
   実際のところ、そんな不安要素がたくさんあったと思います。
   不安って時間をおけばおくほど大きくなっていくんですよね。
   ですから、私はある秘策を用意し、PV事業メンバーを不安に
   させる時間を持たせませんでした。

   その秘策とは、事前に丸紅社の方に当社へ来てスタンバイして
   おいてもらい、メンバーに業務提携を結ぶことを伝えたあとすぐ、
   間髪入れずに丸紅社との顔合わせに入りました。

   そして、丸紅社の方に『ここからが始まりなんだ!』と
   熱く語っていただいたんです。」

小池「その時、メンバーの表情やその場の雰囲気に変化を感じましたか?」

根上「それは不安を払拭させる良い機会になりました。
   業務提携に関する内容・条件を包み隠さず伝えた方が納得すると思い、
   メンバーに全てを伝えました。
   不安や戸惑いで不協和音になりそうなところを、
   『もう後戻りすることはできない。』
   と、丸紅社と当社が一つにまとまった瞬間でした。」

小池「業務提携が公に発表され、みんなで丸紅社へ顔合わせに行きましたよね?
   どんな心境でしたか?」

根上「なんだか、遠足みたいな気持ちでした(笑)
   ハラハラドキドキの顔合わせ。
   みんな一生懸命に『僕はここにいる!』と。
   そんな自己アピールをしているのを見て、とても頼もしく感じました。」

丸紅社と業務提携を結び4ヶ月を経た今、
ネミーに新しい風を吹き入れてくれました。

その追い風に乗り、ますますフットワーク軽く
皆様のお力になれるよう邁進してまいります!

次回は連載最終巻、業務提携に対する根上の熱い想い。
そして、この提携が日本に、世界にどんな影響を与えられるのか、
熱く語っていますのでご紹介いたします。

今回も最後までお読み下さりありがとうございました。
次回も、こうご期待ください。

過去の記事一覧
  • access_time2020/12/01

    「雨降って地を固める男」【ネミーマガジン第127号】

  • access_time2020/11/16

    「外注業者? 下請業者? いいえ、協力会社です」【ネミーマガジン第126号】

  • access_time2020/11/02

    「ホイコーローとホルモン炒めと提案営業」【ネミーマガジン第125号】

  • access_time2020/10/15

    「『コミュニケーション能力』とは?」【ネミーマガジン第124号】

  • access_time2020/10/01

    「部活のキャプテンがいきなり辞めた理由」【ネミーマガジン第123号】